タイ抑留n日目…まだか、夜明けは…

タイ抑留記・終章

f:id:sigdfeco:20171103145144j:plain

 

 470日。

 

 ここまで来るのに、余りにも時は過ぎてしまった。

 

 来て3日までは楽しかった。わけのわからん渋滞も、無意味に辛い食い物も、物珍しくて、それだけで面白かった。

 だが、1週間で限界に達していた。ハムの中まで唐辛子が入っていて卒倒した。

 そして、1ヶ月経った頃には意識が失くなっていた。

 3ヶ月過ぎて一度帰国した時、あまりにも最高すぎて、最高と言う以外なにも出来なかった。

 もはや6ヶ月超える頃には、体重に反比例して飲酒頻度が増加の一途を突き進んでいた。

 ようやく1年経って、延長を告げられて心が死んだ。

 そして今、ようやくその痛苦から解放される。

 

 思い起こせば悲惨な日々だった。

 風邪3、4回、インフルエンザ1回、皮膚炎1回、腰痛4,5回、喘息再発2回、謎の脇腹痛、ガードレールのボルトに足ぶつけて負傷1回、歩道から突き出たパイプに足の指ぶつけて負傷1回、便秘毎週。

 パタヤに行けばうるさいインド人に出くわし、ピピ島に行けば土砂降りに見舞われる。

 ひどい有様だった。

 

 好き好んで海外飛ばしされたわけでもなく、そもそものモチベーションがゼロからのスタートである。無残な日々で最早モチベーションはマイナスである。

 果たしてこの470日で得たものと失ったもの、いったいどちらが大きいのか?

 

 

 さよならThailand、もう仕事では来たくないよ (ピピ島はもう一度行きたいけど)

 

 fin...