タイ抑留n日目…まだか、夜明けは…

Bangkok footprint

 バンコクを歩いていると、私はいつもうつむいてしまう。

 

 日中歩道を歩いていると、スコールでもないのに軒先から水が頭に滴ってくる。雨でもないのに歩道は数メートルごとに水たまりができている。

f:id:sigdfeco:20170408232746j:plain

 これは何かというと、エアコン室外機の排水だ。年がら年中、たいていの日中、暑くて外に出てられないのでエアコンは回りっぱなし、通行人にお構いなし、どこもかしこも水浸し。はた迷惑なバンコクの流儀だ。 

 結果的に濡れたくないので、常にうつむいて路面の水たまりを見て、どこに滴りが落ちるか常に察知して歩かざるを得ない。

 

 そうやってうつむいてバンコクを歩いていると、歩道の舗装のそこかしこに足跡を見つける。

f:id:sigdfeco:20170319213908j:plain

f:id:sigdfeco:20170319214643j:plain

f:id:sigdfeco:20170319214048j:plain

f:id:sigdfeco:20170319214140j:plain

 まだある。

f:id:sigdfeco:20170319214224j:plain

 これでもかとある。

f:id:sigdfeco:20170319214743j:plain

 

 さすがにこの辺まで来ると、わざとやってる疑いすらある。

f:id:sigdfeco:20170319214010j:plain

 

 犬の足跡まである。

f:id:sigdfeco:20170319214315j:plain

f:id:sigdfeco:20170319214436j:plain

 極めつけは落ち葉の跡。もはや示相化石である。

f:id:sigdfeco:20170319214515j:plain

 

 なぜこうもタイ人は足跡を残すのか?

 

 色々考えてようやく?答えに至った。

 タイの工事現場は基本的に柵囲いをしない。作業途中でもほっぽり出すし、資材もその辺に放置する。無論コンクリが生乾きであろうと、注意喚起なぞする気がない。加えてロクに歩道の修繕もしないものだから、平常状態と工事現場の区別がほとんどつかない。そうなると人はズカズカと生乾きのコンクリにも足を突っ込む。

 

 きっとこれが足跡の原因だ。

 

 濡れたくないから、コンクリに足を突っ込みたくないから、私はこれからもうつむいてバンコクを歩く。